お問い合わせ

トップページ │ サービス一覧 │ シングルページのサイト制作

サービス

ユーザーに分かりやすいシングルページ

縦に長い1ページのホームページ

シングルページのサイトとは、いわゆるサブページのない、1ページで完結するホームページの事です。
すべてのコンテンツを1ページに詰め込むため、通常のサイトと比べると縦に長いホームページになりますが、ユーザーはページを下にスクロールするだけで内容をすべて読むことが出来るので、効果的に事業やサービスの詳細を伝えたり、資料請求などのお問い合わせにつなげやすいメリットがあります。

通常のホームページとは違った特徴的なデザインから閲覧者の印象にも残りやすく、料金も比較的安価な事から、メインとは違ったサブのホームページとして、シングルページのサイトを制作する方もいらっしゃいます。

もちろんレスポンシブデザインで制作しますので、スマートフォンからの閲覧も対応しています。

1ページだからこそ印象深いデザインに

安価で伝えたいことをしっかり伝える

通常のホームページ制作は時として10ページ以上になる事も少なくありませんが、シングルページのサイトはその名の通り1ページで完結する作りなので、制作に必要な費用も比較的安く抑えられます。
様々なコンテンツを多岐に渡って紹介するのであればサブページの存在は重要ですが、1つの事柄を集中的に説明するのであれば、むやみにサブページに分割するよりも、1つのページにまとめた方がユーザーの印象に残りやすく効果的です。

メインのサイトとは別に、例えば『新卒採用特設サイト』や、特定の新商品・新サービスを特集したサイトとしても制作しやすい特徴があります。

縦長1ページのサイトを制作
シングルページプラン
¥60,000~(内容量で変化) 制作内容詳細

シングルページの有効な活用方法

印象に残るサイト制作で効果的に

シングルページのサイトはその印象的なデザインと分かりやすさから、近年注目を集めています。
しかしその一方で、1ページで本当に伝えたい事をすべて伝えられるのか、要点を絞って効果的なサイトを作らなければ効果的なサイトにはなりません。

シングルページサイトのメリット

 ユーザーはスクロールするだけの分かりやすい作り

通常のホームページはいくつものサブページがありますが、時として本当に見て欲しいページが見てもらえなかったり、調べたい事がすぐに出てこなかったりします。
1ページにまとめたシングルページのサイトは、ユーザーが他のページにリンクする必要もなく、下にスクロールを続けるだけですべてのコンテンツを見てもらえます。

 お問い合わせに直結したデザイン

ホームページにおいてもっとも重要なのは閲覧数を増やす事ではなく、閲覧者をいかにお問い合わせに導くか、になります。
通常のホームページでもお問い合わせを増やす事は可能ですが、シングルページは各コンテンツごとにフォームへのジャンプボタンを設置する事で、より多くのお問い合わせ効果が見込めます。

 安価で特設ページなどにも最適

掲載するコンテンツの量は多くとも、基本的に1ページだけの制作なので、通常のサイト制作よりも費用を抑える事が出来ます。
メインのホームページに付随する形で『新卒採用特設サイト』だったり、新製品・新サービスを紹介した特設サイトなどにもシングルページは向いています。

シングルページサイトのデメリット

 伝えたい事を絞らないと効果が薄い

シングルページは1ページで完結する作りですが、1から10まですべてを詰め込もうとするとむしろ冗長で最後まで読んでもらえなくなるかもしれません。
どのような事を重点的に取り扱うかを明確にしておかなければ効果的なサイトにはなりません。

 後から普通のサイトにする事は難しい

シングルページは安価なので比較的作りやすいですが、1度シングルページでサイトを制作したのであれば、そのサイトを普通のホームページに作り直すのは時間がかかります。
本当にシングルページで制作する事が最適なのか、後々の事を考えて決める必要があります。



© YUKINEKO WEB DESIGN All.